ホーム > ニュース・イベント・新聞記事 > 「心のバリアフリー」を学ぶアニメーション教材

「心のバリアフリー」を学ぶアニメーション教材

 当会も委員として参画した内閣官房の「心のバリアフリー」e-learningワーキング・チームにおいて検討していた「心のバリアフリー」を学ぶアニメーション教材が完成しました!
 座長を務めて下さった慶應義塾大学の中野泰志先生の研究室のウェブサイトに、アニメーション動画がアップロードされていますので、是非ご覧になって下さい。

「心のバリアフリー」を学ぶアニメーション教材

 2020年東京大会をきっかけに、高齢者も若者も、障害のある人もない人も、言葉や文化の違いも関係なく、すべての人がお互いを尊重し合い、支え合う共生社会を地域のレガシーとして実現する取組の一助として、ご活用ください。(慶應義塾大学中野泰志研究室作成ページより抜粋)



「心のバリアフリー」を学ぶアニメーション教材・ボランティア研修用のアニメーション教材

内容

●「心のバリアフリーについて学ぼう」~メッセージ編〜

●「バリア」とはなんだろう?

  • 声かけが必要なのはどんなとき?
  • 困っていることに気づいたら1 ~適切な距離を保って相手の求めに沿った手助けをしよう~
  • 困っていることに気づいたら2 ~見た目で判断せず要望を聞いてみよう~
  • コミュニケーションの取り方がわからないときは?
  • 見慣れない状況に出会ったら
  • 「障害」とは何だろう

●異文化交流をしてみよう!

  • エピソード1 私たちの町を紹介しよう
  • エピソード2 食事場面
  • エピソード3 日本の文化、生活体験
  • エピソード4 買物
  • エピソード5 災害時の対応
  • 外国人と接する際の心構え