ホーム > 犬と猫と人と新型コロナウィルス-テキスト

犬と猫と人と新型コロナウィルス-テキスト

※1 タイトル「犬と猫と人と…新型コロナウイルス」
3月13日台湾プレスリリース内容追加しました。
3月18日隔離されていたわんこが亡くなったことを含めて一部言い回しを改善しました。
3月20日2頭目のプレスリリース追加しました
3月27日1頭目の結論等を追加しました
3月28日ベルギーの猫さん症例第一報を追加しました
4月1日香港の猫さん症例を追加、その他見直しました
4月8日いろいろ全面的に見直しました
4月25日全部見直しました
やました たかし

※2 タイトル「新型コロナウイルスって?」

2019年11月 中国武漢市で発生を確認

ウイルス名 SARS-CoV-2 (サーズコーヴィーツー) 日本名 新型コロナウイルス

感染症名 COVID-19(コヴィッドナインティーン) 日本名 新型コロナウイルス感染症

 

※3 タイトル「忘れちゃいけない大前提」
コロナウイルスの種特異性は高い
つまり 動物種を越えて他の動物種に感染することは、ほとんど無い

犬には犬の「犬コロナウイルス」→子犬の下痢(軽症)

猫には猫の「猫コロナウイルス」→子猫の下痢(軽症)、伝染性腹膜炎(重症)
あくまでもコレが基本!

 

※4 タイトル「コロナウイルスの種特異性は高い」
コロナウイルス亜科
・SARS関連コロナウイルス(SARSr-CoV)
■SARSコロナウイルス(SARS-CoV):重症急性呼吸器症候群(SARS)の病原体
■2019新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)COVID-19の病原体

・MERSコロナウイルス(MERS-CoV):中東呼吸器症候群(MERS)の病原体

 

※5 タイトル「SARSまでは…それで良かった」
動物種を越えて 感染・発症・重篤化させる
コロナウイルスの誕生が21世紀になって続いている

 

※6 タイトル「人と動物にうつるコロナウイルス」
1100年代 SARS前
印象 動物←→人で感染できるコロナウイルスは基本的に無い
2002年11月 SARS
印象 動物←→人で感染できるコロナウイルスが出てきた(でも稀)
2019年12月 COVID-19
印象 新型コロナウイルスの挙動は未定(4/25)

 

※7 タイトル「新型コロナウイルスの広がり方」

接触 飛沫感染により人から人に感染します。

最近はマスクもいいって♪でも基本は手洗い!

 

※8 タイトル「結局のところ」

新型コロナウイルスって動物たちにうつるの?おしえて!

 

※9 タイトル「そんでもって」

新型コロナウイルスって動物たちに悪さするの?おしえて!

 

※10 タイトル「香港のケース」

香港で隔離中の動物たち(4月15日時点)

・犬30頭/猫17頭/ハムスター2匹

・現時点では以下の3頭のみ陽性

猫:1ケース

〇品種不明 ?歳 (3月)

・ご家族の感染→あり

・猫の発症(症状)→なし

・人への伝播(可能性)→なし

・他の動物への伝播→なし

 

犬:2ケース

〇ポメラニアン:17歳(2月)

〇G.シェパード:2歳(3月)

・ご家族の感染→あり

・ウイルス感染の証拠→あり

・犬の発症(症状)→なし ポメラニアンさんの死因は別のものとされる

・人への伝播(可能性)→なし

・他の動物への伝播→なし シェパードと同居の犬は感染していない

 

※11 タイトル「ベルギーとアメリカのケース」

ベルギーの猫:1ケース

〇短毛雑種:?歳(3月)

・ご家族の感染→あり

・ウイルス感染の証拠→あり

・猫の発症(症状)→あり 下痢・嘔吐・呼吸器症状など…9日で回復

・人への伝播(可能性)→なし

・他の動物への伝播→なし

 

アメリカの猫:2ケース

〇猫さんA:?歳(4月)

〇猫さんB:?歳(4月)

・ご家族の感染→Aなし/Bあり Aは家族が無症状感染者か家族以外か?

・ウイルス感染の証拠→あり

・猫の発症(症状)→あり ともにくしゃみや目やにあり…回復の見込み

・人への伝播(可能性)→なし

・他の動物への伝播→なし 猫Bと同居の猫は発症していない

 

※12 タイトル「アメリカの動物園のケース」

トラ:1ケース

〇マレートラ:名前はナディア 4歳(3月)

・飼育員の感染→あり

・ウイルス感染の証拠→あり

・トラの発症(症状)→あり 咳・食欲低下(基本元気)…回復へ

・人への伝播(可能性)→なし

・他の動物への伝播→あるかも? 一緒に暮らすトラやライオンの感染・発症 その他のトラやネコ科動物は大丈夫

 

ナディアと同居:6ケース

〇マレートラ:1頭(アズール:ナディアの姉)

〇アムールトラ:2頭

〇アフリカライオン:3頭

 

・飼育員への感染→あり

・ウイルス感染の証拠→あり 全員が検査で陽性に

・トラ・ライオンの発症(症状)→あり 全員が咳とつらそうな呼吸…回復へ

・人への伝播(可能性)→なし

・他の動物への伝播→あるかも? 一緒に暮らすトラやライオンの感染・発症 その他のトラやネコ科動物は大丈夫

 

※13 タイトル「ウイルス感染の感受性~世界の研究から」

〇感受性が高そう
猫、フェレット、ゴールデンハムスター
・若い猫の方が感受性が高いかも?
・濃厚接触なら3日ほどで呼吸器飛沫による感染が起こるかも?

 

〇高い可能性はあるかも…?
ラクダ、牛、ウサギ、馬、羊、ウサギ、ヤギ

 

〇影響ないかも&可能性あるかも

 

〇影響受けなさそう
鶏、アヒル

 

〇感受性が低そう

 

どの研究でも動物から人にうつすほどのウイルス増殖はなさそうなの

 

※14 タイトル「武漢の猫たちはどんな感じ?」
流行前の猫は、新型コロナウイルス感染してなかった

流行語の猫の一部で、新型コロナウイルスの影響を受けていた

→約15パーセントの猫

→特に新型コロナウイルスに感染した人と暮らす猫は影響を受けていた

 

 

※15 タイトル「結局のところ新型コロナウイルスって動物たちにうつるの?」
今のところ…稀だけど濃厚接触でうつることがあるみたい。人がうつします。

「動物から人」の感染はどうやらできなさそうです!

猫同士は未定だけど人がうつさなければ起こりえません。

 

※16 タイトル「そんでもって新型コロナウイルスって動物たちに悪さするの?」

感染そのものが稀だけど猫は風邪みたいな症状が出ることがあるみたい。かかってもみんな回復。

今のところ犬は大丈夫そう。

猫は自然感染してもみんな回復してるの。

フェレットも重症化しないみたい

 

※17 タイトル「新型コロナウイルスは動物から来たと言われるけど…」
今は人⇔人感染による流行で動物は人からうつされるだけ。人にうつすことはできてません。

オレたちは何もしないぜ!(少し目つきの悪い犬と猫がスーツとコートを着ているイラスト)

 

※18 タイトル「動物たちからのお願い!」
ずーっと仲良く暮らしたいから、ご家族(人)が感染しないように毎日を過ごしてください!

 

※19 タイトル「今、私たちにできること1」
・3密を避けて家で過ごしましょう

・こんなことを気をつけましょう

栄養・休養・睡眠

手洗い(消毒)

咳エチケット

部屋の換気

顔に手で触れない

 

 

※20 タイトル「今、私たちにできること2」

〇猫
室内で生活させた方が良いでしょう
・外に全く出さないのが理想です

 

〇犬
近所の散歩は続けてあげてください。
・少し短めの時間が良いかも
・リードを付けて「犬や人との距離」を維持
・公園などの犬や人が集まる場所は避けましょう
・長時間の立ち話も避けた方が良いのかも

 

フィジカル・ディスタンシングは2メートル以上!

 

※21 タイトル「今、私たちにできること3」
犬や猫を街で見かけたときには
いつものように安心して、そーっとしておいてあげてください。

散歩してる犬

街で出会う猫

補助犬たち(お仕事してるワンコたちです!)

 

※22 タイトル「まとめ 2020年4月25日Ver」

犬と猫と人と…新型コロナウイルス

起こっていること

  • 人→犬や猫 の方向への感染
  • 猫の新型コロナウイルス感染症の発症(軽症)

 

不明なこと

  • 猫→猫の飛沫感染

 

起こっていないこと

  • 犬の発症
  • 犬や猫→人 の方向への感染

 

今なお決めつけず慌てず様子見。まだ慌てるような時間じゃない。

 

※23 タイトル「まとめ 2020年4月25日Ver」

気をつけるべきことは「犬や猫と関係ないこと」

自分自身が感染しないための行動

・日頃の健康管理としての睡眠や休養と栄養

・日頃からの手洗いや手指消毒など

・できるだけ家で過ごしましょう

それだけで愛する家族である犬や猫に迷惑をかけずにすむことに繋がります。

罪を憎んで人をにくまん(肉まんを擬人化したイラスト)

 

※24 タイトル「アメリカとオランダのケース」

アメリカの犬:1ケース

〇パグ ?歳 (4月)

・ご家族の感染→あり

・ウイルス感染の証拠→あり

・犬の発症(症状)→あり 咳・くしゃみ・嘔気・食欲低下…数日で回復

・人への伝播(可能性)→なし

・他の動物への伝播→なし 犬他1頭・猫・(トカゲはテストなし)

 

オランダのミンク:2ケース

ミンク農場閉鎖

〇A農場:13000頭規模

〇B農場:7500頭規模

・従業員の感染→あり 農場従業員数人に感染の症状あり

・ウイルス感染の証拠→あり

・ミンクの発症(症状)→あり 呼吸困難など

・人への伝播(可能性)→なし

・他の動物への伝播→なし?

 

※25 タイトル「フランスとスペインのケース」

フランスの猫:1/12ケース

〇猫さん ?歳 (4月) 新型コロナウイルスに感染したご家族と暮らす猫たちを集めての検査結果

・ご家族の感染→あり

・ウイルス感染の証拠→あり

・猫の発症(症状)→あり 呼吸器症状と消化器症状

・人への伝播(可能性)→なし

・他の動物への伝播→なし

 

スペインの猫:1ケース

〇猫さん 4歳 (5月)

・ご家族の感染→あり 猫さんがかかる前に亡くなってます

・ウイルス感染の証拠→あり

・猫の発症(症状)→一応なし 呼吸困難・熱発・血小板減少・心不全…肥大型心筋症による呼吸器症状?

→安楽死(その後の検査で感染が判明)

・人への伝播(可能性)→なし

・他の動物への伝播→なし

 

以上

サイト内検索

カテゴリー検索

リンク

補助犬に関するFAQです

 

啓発資料 DVD・グッズをご活用ください

 

書籍・マニュアル

 

心のバリアフリー教材