ホーム > よくあるご質問

0004「盲導犬の頭数は?」
 2017年10月18日 掲載

 2019年3月31日現在で、928頭の盲導犬が実働しています。

 盲導犬の詳しい頭数については、社会福祉法人 日本盲人社会福祉施設協議会・自立支援施設部会盲導犬委員会の「盲導犬訓練施設年次報告書(pdfファイル)」をご覧ください。



0003「聴導犬の頭数は?」
 2017年10月18日 掲載

 2019年3月1日現在で、68頭の聴導犬が実働しています。
 詳しくは、当会ウェブサイトの「聴導犬の頭数について」ページをご覧ください。



0002「介助犬の頭数は?」
 2017年10月18日 掲載

 2019年3月1日現在で、65頭の介助犬が実働しています。
 詳しくは、当会ウェブサイトの「介助犬の頭数について」ページをご覧ください。



0001「補助犬達のトイレって・・・」
 2017年10月17日 掲載

 補助犬達のトイレに関し、最近ご質問がありましたので、改めて皆さんに知っていただきたく、共有させて頂きます。
 よく、考えてみて下さい。補助犬達の衛生管理や健康管理、行動管理も全て、使用者であり飼養者でもある、身体障害者の方々が実施しています。
 皆さんの中で「障害者=何もできない」と漠然と思っている人、実は多いのでは無いでしょうか?
 そんなことはありません。障害者の皆さんそれぞれに、色々な工夫や努力をして、補助犬たちとの生活を送っておられます。それは、使用者にとっても、補助犬にとっても、とても大切なマナーでもあります。
 その中でも、特に心配されがちな「排泄」について・・・

 こんな風に訓練されているんですよ♪


       トレーナーさんたちは、その個体それぞれのタイミングを把握し、それに合わせた排泄指示を行います。そして、ユーザーさんにそのタイミングを覚えてもらうことで、適切な時間と場所で、指示による排泄を成功させます。決して無理強いさせることなく、その犬のタイミングで、気持ち良く排泄できる管理をユーザーさんがしているのです♪
       人間の子どもと同じですよね♪
       決して我慢させられているわけではないこと、おわかりいただけると思います。

 では、視覚障害者がどのように犬の排泄物を処理するのか?
 この辺りに関しましては、当会のサイトでもご紹介しておりますので、ご興味ある方は、当会ウェブサイトの【UDアドバイザー通信】をご覧下さいませ。



サイト内検索

カテゴリー検索

リンク

補助犬に関するFAQです

 

啓発資料 DVD・グッズをご活用ください

 

書籍・マニュアル

 

心のバリアフリー教材