特定非営利活動法人 日本補助犬情報センター|身体障害者補助犬に関する情報提供、相談業務を行う学術団体です。

ホーム > よくあるご質問

FAQ-0042「日本と同じような補助犬認定制度を持つ国は?」
 2021年9月10日 掲載

 皆さんご存じの通り、日本で活躍している補助犬たちは、「身体障害者補助犬法」に基づき、訓練・認定をされた犬たちです。実は、日本と同じような認定制度がある国があります。さて、それはどこでしょうか?

 日本と同じような補助犬の認定制度があるのは…「台湾」です!
 台湾では、障害者の権利に関わる法律の中に、補助犬のことが書かれており、日本と同じ盲導犬、聴導犬、介助犬にアクセス権が認められています。育成団体も、法律によって定められた基準をクリアしている必要があります。そして、社会で活躍する補助犬たちには、ハーネスやベストの着用義務もあるそうです。日本とよく似た制度ですね!



FAQ-0041「補助犬同伴の社会参加を保証している法律は?」
 2021年9月7日 掲載

 皆さんご存知の通り、補助犬同伴の社会参加を保証している法律といえば、「身体障害者補助犬法」ですよね!
 でも、実はもうひとつ、補助犬同伴での社会参加を保証している法律があるんです。
 なんという法律でしょうか?

 補助犬同伴の社会参加を保証している法律、「補助犬法」ともう一つは、「 障害者差別解消法」です。
 この法律は、平成28年4月1日から施行されました。補助犬や障害を理由にユーザーさんを拒否することは、「正当な理由がない差別的取り扱い」になり、障害者差別解消法違反になってしまいます。

 その他、障害者差別解消法では「合理的配慮」の提供も義務付けられています。(現在は「義務」とされているのは、行政機関のみ。今年5月に改正法が成立し、これまでは「努力義務」であった民間事業者も「義務」となります。この改正法は3年以内に施行されます)

 補助犬法についてもう一度復習したい方、合理的配慮についてもう少し詳しく知りたい方は、厚生労働省のyoutubeチャンネルから「ほじょ犬もっと知ってMOVIE」をご覧ください。2分ほどの短い動画で、2つの法律のことを知ることができますよ!




FAQ-0040「補助犬の足の裏って汚いの?」
 2021年8月19日 掲載

 「犬は衛生面からお断りしています!」というのは、同伴拒否をされてしまう際のよくある理由です。では、補助犬たちは衛生的に問題があるのでしょうか…?
 同じ場所を同じ時間に一緒に散歩をした犬と人間の靴の裏、より菌が多いのはどちらだと思いますか?

 犬の足の裏はあんまりキレイじゃなさそう…と思った方も多いかもしれませんが、より菌が多いのは…「人の靴の裏」なんです!
 これはオランダのユトレヒト大学の予備調査でわかったことです。研究の概要は次の通りです。
 ①補助犬25頭とそのユーザー25人、②家庭犬25頭とその飼い主25人のグループに、15~30分の散歩をしてもらった後、犬の足裏、人の靴裏の菌を検出します。
 その結果、大腸菌の検出検査が陰性(大腸菌がいなかった)だったのは、全体で犬の足裏72%、人の靴底42%でした!この調査により、犬の足裏の方が菌を持っている割合が少ないことが示されました。
 より詳しく結果を分析すると、補助犬か家庭犬か、またはユーザーか飼い主であるかの違いはみられませんでした。また、細菌の数においても、犬の方が有意に少なく、補助犬&ユーザー、家庭犬&飼い主のどちらの結果も、同様の数値を示しました。もう一つの検査対象、クロストリジウム・ディフィシルについては犬からはまったく検出されませんでした。
 つまり、この研究から、犬の足裏は補助犬・家庭犬にかかわらず、一般的に人の靴底よりも衛生状態がいいことが示されたんです。

 

 ところで、どうしてこんな研究をしたの?と思われた方もいらっしゃるかもしれません。実は、この研究に協力した補助犬ユーザーさんたちの81%、およそ5人に4人が現在の補助犬において1回または複数回、補助犬の同伴拒否をされた経験があったんです。その主たる理由は衛生面とされていたこともわかりました。
 オランダの病院における補助犬利用者の来院は患者全体の0.02%と推定されており、研究者らは犬が足裏につけて運んでくる可能性のある細菌に対する衛生対策は、短時間の診療ですむ病院においては必要ないと結論を出したそうです。これは、世界的中の補助犬ユーザーさんたちに、大きな後ろ盾となる調査研究ですね!


 



FAQ-0039「補助犬法に罰則はある?」
 2021年8月3日 掲載

 補助犬法では、公的な機関や公共交通機関、不特定多数の人が利用する施設などでは、補助犬の同伴を受け入れることが義務化されています。ところが、飲食店や医療機関などで同伴を拒否されてしまうユーザーさんがまだまだいらっしゃいます。
 お店などの事業者が同伴拒否をして、補助犬法に違反した場合、罰則はあるんでしょうか…?

 実は…補助犬法に罰則は「ない」んです!!
 「罰則があれば、同伴拒否されてしまうユーザーさんが減るんじゃないの…?」と思われた方もいらっしゃるかもしれません。実は補助犬法に罰則がない理由のひとつには、ユーザーさんたちの強い想いがあります。
 その強い想いとは…お店などの施設に、「罰則があるから、ユーザーさんと補助犬を受け入れます」と言ってほしくない!という想い。
 補助犬たちはユーザーさんによってしっかり行動・衛生管理されていることを、受け入れ側の施設の方たちにきちんと理解してもらって、「補助犬なら大丈夫ですね!どうぞ、一緒にお店に入ってください!」と、気持ちよく受け入れてくれるような社会になることが、ユーザーさんたちの希望です。
 法律の罰則という強制力のあるものではなく、補助犬について正しく理解を示したうえでの受け入れが大切です。
 そのためにも、補助犬のこと、ユーザーさんのこと、もっともっと知って、周りの方にも教えてあげてくださいね!



FAQ-0038「身体障害者補助犬法は何のための法律?」
 2021年7月12日 掲載

 皆さんご存じの通り、5月22日は身体障害者補助犬法が成立した記念日です。当会では、「身体障害者補助犬を推進する議員の会」と連携して、毎年「ほじょ犬の日」として、いろいろなイベントを開催しています。(2021年度はオンラインで動画を配信しました


 さて、この補助犬法ですが、何のため、誰のための法律なんでしょうか?



 補助「犬」法だから、「犬のための法律では?」と思った人もいるかもしれませんが、補助犬法はあくまでも「人」のための法律です。ということで、補助犬法は「障害のある方の自立と社会参加のための法律」なんです!

 障害のある方たちが、補助犬たちと一緒に生活することで自立したり、社会参加をしたりすることが補助犬法の大切な目的だってこと、ぜひ覚えておいてくださいね。




FAQ-0037「盲導犬ユーザーさんが持っているビニール袋とベルトは何に使う?」
 2021年6月29日 掲載

 盲導犬ユーザーさんが持っている便利グッズのこと、ご存じですか?
 ベルトのようなものとビニール袋をセットで使うみたいです。何に使うかわかりますか?

 盲導犬ユーザーさんが持っているベルトとビニール袋は…「盲導犬のトイレ」に使います。
 目が見えない人がどうやって盲導犬のトイレを片付けるの?と思う方もいらっしゃるかもしれません。実は、目が見えなくても周囲を汚さずに片付けられるものが、今回のクイズで紹介した道具なんです!

まずは、ベルトについている2つのフックにビニール袋の片方の持ち手をひっかけます。そして、ベルトを犬のおなかに巻いて…
ビニール袋のもう片方の持ち手に犬のしっぽを通したら…
完成!「ワンツーワンツー」の掛け声で、盲導犬たちはトイレを済ませます。排せつ物は凝固剤を入れた袋の中にたまるので、地面を汚すことはありません!便利ですね!

 そして、補助犬たちのトイレのタイミングはユーザーさんたちがしっかり把握しています。決して犬たちに我慢をさせないように、その日の犬の体調や1日のスケジュールを考えているので安心してくださいね。


 



FAQ-0036「聴導犬が最初に誕生した国は?」
 2021年6月15日 掲載

 FAQ34FAQ35で、盲導犬と介助犬が誕生した国がわかりましたが、最後は聴導犬について!

 聴導犬が最初に誕生した国はどこでしょうか?



 聴導犬が最初に誕生した国は…「 アメリカ」です。聴導犬の発祥は1975年のアメリカと言われています。
 とあるラジオの番組に女性が、「家の中で鳴る音を教えてくれるように、犬を訓練できないか」と投稿したことがきっかけだったそうです。

 日本での聴導犬の歴史は1981年の国際障害者年に始まりました。はじめは、アメリカでの写真や文献を参考に訓練をしていたそうです。
 ちなみに、2002年に補助犬法ができて最初に認定された聴導犬は、当会の理事も務めている、松本江理の初代聴導犬 美音(みお)ちゃんです。(現在は3代目聴導犬チャンプと生活しています)
(聴導犬の歴史については、日本聴導犬推進協会さんのウェブサイトを参考にさせていただきました)



FAQ-0035「介助犬が最初に誕生した国は?」
 2021年5月28日 掲載

 FAQ34で、盲導犬が誕生した国はドイツということが分かりましたが、では介助犬が最初に誕生した国はどこでしょうか。

 「アメリカ」「オランダ」「イギリス」の三つの中でどの国かわかりますか?


 介助犬が最初に誕生した国は…「 アメリカ」です。
 盲導犬は「ドイツ」、介助犬は「アメリカ」、ぜひ覚えておいてくださいね。
 介助犬は1970年代後半に、アメリカでボニー・バーゲン博士が「障害のある方と犬たちの関係」を考えたことから育成がスタートしました。日本に介助犬がやってきたのは、1992年のこと。その後、1993年から日本でも介助犬の育成がスタートしました。

 ちなみに、介助犬デイジーのユーザー木村佳友(当会副理事長)の初代介助犬シンシアは、1999年に介助犬として初めて国会傍聴に同伴したという経歴の持ち主!シンシアについては、最近三重県のケーブルテレビ(ZTV)で紹介もされました。

 本来ならば、ZTVに加入されている方しか視聴できなかったのですが、ZTV様や吉本興業様のご厚意により許可をいただき、木村のyoutubeチャンネル(チャンネル名:cyn-el-dai)にて動画がアップされています。2分という短い時間ではありますが、介助犬シンシアのことや補助犬法のことがよくわかります。ぜひこちらもご覧くださいね!




FAQ-0034「盲導犬が最初に誕生した国は?」
 2021年5月25日 掲載

 日本で最初に盲導犬が紹介されたのは、1938年と言われています。盲導犬を連れて旅行に来ていたアメリカ人のゴルドンさんが、日本各地を講演してまわったことがきっかけとなりました。
 では、盲導犬が最初に誕生した国はどこでしょうか。現在は、ラブラドールレトリバーが主に活躍している盲導犬ですが、昔は「シェパード」という犬種が主でした。このシェパードの原産国を考えると、答えがわかるかもしれません。


 正解は「ドイツ」です。
 第一次世界大戦中ドイツでは、戦争によって失明してしまった軍人さんなどが増加していました。
 当時、軍用犬の研究をしていたハインリッヒ博士は、「犬たちが視覚障害者の歩行をサポートできるのでは?」と考え、政府や犬の訓練士の協力を得て盲導犬として犬を訓練する方法を導き出しました。
 そして、1916年にオルデンブルグというところで盲導犬の訓練学校がスタートしました。
 1919年までには約539頭の盲導犬がドイツの失明軍人とともに歩いていたという記録も残っているそうです。
 その後、盲導犬はアメリカやイギリスをはじめとして、ヨーロッパ各地やカナダなどへも広まっていきました。




FAQ-0033「介助犬が落としたものを拾う時の正しいタイミングは?」
 2021年4月27日 掲載

介助犬の主なお仕事のひとつ、「落としたものを拾う」作業ですが、適切なタイミングはいつでしょうか?

「落としたらすぐに?」「ユーザーさんと目があったらすぐ?」それとも、「ユーザーさんに指示をされてから…?」

正しいタイミングは…「ユーザーさんに指示をされてから」です。

落としたのは見たらわかるんだから、何も言わなくても拾ってくれたらいいのに…、と思う方もいらっしゃるかもしれません。
でも、もし、ユーザーさんが落としたことに気づいていなかったら、どうなってしまうでしょうか。外出中などは、車いすに介助犬のリードを結んでいる場合があります。
介助犬が物を拾うために急に動いたら、リードで引っ張られて車いすごと転倒してしまうかもしれません。
そんな事故を防ぐためにも、介助犬の作業は「ユーザーさんに指示をされてから!」が鉄則です。



FAQ-0032「ユーザーにサポートの声かけを断られたときに正しい対応は?」
 2021年4月8日 掲載

街で見かけた補助犬ユーザーさんに、勇気を出して「何かお手伝いしましょうか?」と声をかけたら、「今は大丈夫です」と言われることもあります。そんな時、正しいのはどのような対応でしょうか。

「断られて残念だったから黙って立ち去る?」

「それでも心配なのでこっそり後をつける?」

「今は困っていなくて良かった!と思って、お気をつけて、と見送る?」

正しい対応は…「今は困っていなくて良かった!と思って、お気をつけて、と見送る」です。

この対応は、補助犬ユーザーさんに限らず、皆さんがサポートのために声をかけてくださった相手の方、全員に当てはまります。

せっかく勇気を出して声をかけたのに、「今はいいです」と言われてしまったら、「せっかく声をかけたのに…」と残念な気持ちになって、「また断られたら嫌だから、もう声をかけないようにしようかな…」なんて思ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。

でも、もう一度よーく考えてみてください。サポートを断られたということは、その方は「今は困ったいなかった」ということです。そう考えてみると、「困ってなかったんだ!良かった~」と思いませんか?

そして、たとえサポートを断られたとしても、声をかけてくださったあなたの優しい気持ちは確実に相手の方に届いています。時には少しぶっきらぼうに断られて、びっくりしてしまうこともあるかもしれませんが、そんな時もちょっと発想を変えてみてください。もしかしたら、声をかけたのがあなたで10人目だったのかも…?その方も断るのに、少し疲れてしまったのかもしれません。

ただ、できるだけそんなことがないように、障害のある方たちもサポートを断るときには「声をかけてくれてありがとう」をちゃんと伝えましょう、と活動してる方もいらっしゃいます。声をかける側もかけられた側も、思いやりをもってコミュニケーションが取れたらいいですね。

特に最近はコロナ禍の中で声かけのサポートが減ってしまった、と感じている障害のある方も多いようです。あなたの声かけはきっと役に立つはず!勇気を出して、「何かお手伝いしましょうか」と声をかけてみてくださいね。



FAQ-0031「補助犬になるための訓練はいつから始めるの?」
 2021年4月1日 掲載

補助犬になる訓練を始める時期はいつごろかご存じですか?

生まれてすぐ?半年くらいたってから?それとも1年くらいたってから?

正解は…「生まれて1年くらい経ってから」でした!

通常、1才くらいまではボランティアでもある「パピーウォーカー」さんの家庭で、様々な経験をしながら愛情たっぷりに育てられます。1才を過ぎると、訓練施設に戻ってきて補助犬になるための訓練を始めます。ここでは、訓練士さんがしっかりとそれぞれの犬の性格をチェックして、補助犬のお仕事を楽しく、ストレスなくできる子だけが補助犬になります。
補助犬にならなかった子も、たまたま補助犬に向いていなかっただけで、家庭犬として家族を癒してくれたり、中には訪問活動で才能を発揮する子もいますし、補助犬のお仕事を皆さんに知ってもらうためのPR活動をしてくれている子もいます。人間と同じく、適材適所、ですね。



FAQ-0030「元保護犬が活躍していることもある補助犬は?」
 2021年2月25日 掲載

元保護犬が活躍していることもある補助犬の種類ってご存じですか?

ヒントは、それぞれの補助犬のお仕事を考えてみてください。いろいろな犬種が活躍できそうなお仕事をしている補助犬は…?

 

正解は…「聴導犬」です!!

 聴導犬のお仕事内容は「聴覚障害がある方に音を教えること」です。このお仕事にはあまり体の大きさは関係ありません。なので、様々な犬種が活躍できることもあり、保護犬から聴導犬になる子もいるんです。
(そのほか、盲導犬や介助犬の訓練犬からのキャリアチェンジやブリーダーさんとの契約など、各訓練事業者によって候補となる犬の選択は異なります)
 保護犬を聴導犬の候補犬にする場合は、訓練士さんが直接動物愛護センターなどに行って、聴導犬として向いていそうな性格の子を選びます。
「聴導犬だからやっぱり音に敏感な子を選ぶんでしょ?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、これは間違い!音に敏感すぎると、大きな音がした時に適切にユーザーさんをサポートできなかったり、「音を教える」という聴導犬のお仕事自体がストレスになってしまうこともあります。そのため、聴導犬に向いているのはどちらかというと、「音に鈍感な子」なんだとか。
 そして、いろいろな犬種が活躍している聴導犬、実は補助犬3種の中で特に同伴拒否が多いとも言われています。
「補助犬と言えば、ラブラドールやゴールデンのような大きな犬だよね!」という先入観は持たずに、「あれ?この犬は補助犬かな?」と思ったら、まずは犬の体についている「表示」を確認してみてくださいね!


FAQ-0029「補助犬への指示はどうして英語なの?」
 2021年2月16日 掲載

ユーザーさんが補助犬たちへ指示する言葉を聞いたことはありますか?

盲導犬は「ストレートゴー」(まっすぐ進め)、介助犬は「テイク〇〇」(〇〇持ってきて)、などなど、基本的に指示語(動詞)は英語で伝えています。ほめる時の言葉も「グッド!」ですね。

英語で伝える理由は、「日本語だと、人によって言い方や方言が異なり、犬が混乱するから」です。

日本語は一つの単語でもいろいろな言い方がありますよね。「座って」「座れ」「お座りして」…。座ってほしいことを伝えるだけでも、こんなにたくさんの言い方が!また、地域によっては方言で、まったく違う言葉になることもあります。

でも、英語なら「シット」という言い方しかありません。補助犬たちは統一された言い方で、混乱せずにユーザーさんの指示に従うことができます。



FAQ-0028「【海外の補助犬】海外からの来日ユーザーへの対応は?」
 2021年1月25日 掲載

海外から来日した「Guide Dog(盲導犬)」「Mobility Service Dog(介助犬)」「Hearing Dog(聴導犬)」のユーザーさんたちは、日本の公共交通機関やお店などをこれらのアシスタンスドッグと一緒に利用できるのでしょうか?次の3択で考えてみてください。

①決められた手続きをして、証明書を持っていれば入れる

②特に手続きは必要なく、日本のユーザーと同じように入れる

③ 海外のアシスタンスドッグは日本のお店には入れない

正解は…「①決められた手続きをして、証明書を持っていれば入れる」です。

「身体障害者補助犬法」は、日本の補助犬に関する法律なので、それを海外のユーザーにそのまま適用することはできません。そして、海外から来たアシスタンスドッグは種類はもちろん、訓練の基準等が様々です。(海外には日本のように法律で定められた訓練基準がありません)

 それでも、海外のユーザーさんにも日本を楽しんでもらいたい!ということで、「期間限定証明書」という制度があります。これは、訓練の質が担保されている特定の連合会に所属している訓練事業者出身のアシスタンスドッグ&ユーザーは、来日前に所定の書類提出や審査を経て、日本の補助犬と同等の質のアシスタンスドッグには「期間限定証明書」を発行する制度です。この証明書があれば、公共交通機関やレストランなどの飲食店、ホテルなどにアシスタンスドッグと一緒に入れます。そして、これはあくまでも、日本の補助犬たちが基準となるので、証明書発行の対象になるのは「Guide Dog(盲導犬)」「Mobility Service Dog(介助犬)」「Hearing Dog(聴導犬)」のみです。
 あれ?ということは、FAQ-0027に出てきたアラートドッグやエモーショナルサポートドッグはどうするの…?と思われる方もいるかもしれません。これらの犬は、3種の補助犬と同じように公共交通機関や施設を利用することはできません…。
 しかし、日本にはペット同伴で楽しめるサービスがたくさんあります。電車やバスは、一定の大きさまでの犬ならキャリーケースなどに入れることで利用できますし、ペットと一緒に使えるレンタカーもあります。ペットと一緒に入れるレストランやホテルなども、検索してみるとたくさん出てきます。
 当会にも、様々なアシスタンスドッグユーザーから来日の相談が寄せられるのですが、3種に該当しないと思われる場合は、上記のようなサービスやお店を利用することをご提案しています。
 せっかく遠くから来てくれた海外のアシスタンスドッグユーザーにも楽しんでもらいたい…!でも、日本の補助犬たちを守るためにも、しっかりとしたルール作りは大切なことです。
 今は、新型コロナウイルスの関係で海外からのお客様はほとんどいませんが、コロナが終息した時にはきっとまた、たくさんの海外からのお客様がいらっしゃるはず!そんな日を楽しみにしています🐾


FAQ-0027「【海外の補助犬】アラートドッグってどんな犬?」
 2021年1月18日 掲載

 海外で活躍している補助犬のことを「Assistance Dog(アシスタンスドッグ)」といいます。日本では補助犬は「盲導犬、介助犬、聴導犬」のみですが、海外では精神疾患のある方の情緒面をサポートする「Emotional Support Dog(エモーショナルサポートドッグ)」や、「Alert Dog(アラートドッグ)」など、様々な障害や困難をサポートする犬がいます。
 では、アラートドッグはどんなお仕事をしてくれる犬でしょうか?
 「アラートドッグ」のお仕事内容は「 てんかん発作や低血糖症による発作を知らせる」です。

海外では様々な種類のアシスタンスドッグが活躍していてすごい!進んでる!と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、いろいろな犬が活躍することによる困りごともあるようです。
最近、特にアメリカで問題になっているのは「エモーショナルサポートドッグ」。ちょっと複雑で難しいかもしれませんが、ぜひ下記画像を見てみてください。
(今回は問題をわかりやすくお伝えするために、多少表現を変えたり省いている説明もあります。詳しく知りたい方は、「平成29年度障害者総合福祉推進事業 国内外の身体障害者補助犬使用者への対応に関する調査研究」報告書をダウンロードしてみてくださいね!)


FAQ-0026「コロナ禍における補助犬ユーザーへの正しい対応は?」
 2021年1月12日 掲載

 新型コロナウイルスの対策として、店舗などの施設を利用するときにはアルコール消毒や検温、ディスタンスを取ることが大切です。それでは、補助犬ユーザーさんと補助犬がお店にやってきたとき、正しい対応はどんな対応でしょうか。
 補助犬がウイルスを持っているかもしれないので、利用を断る?
 障害のある方は大変だから、特別扱いをして感染対策をしなくても受け入れる?
 サポートの上、できる範囲で感染対策を行ってもらい、通常通りに受け入れる?
 正しい対応は、「サポートの上、できる範囲で感染対策を行ってもらい、通常通りに受け入れる」です。
コロナ禍において、とても残念なことに、ユーザーさんの中にはこれまで問題なく利用できていたはずのお店のはずなのに、「コロナのこともあるので、犬はちょっと…」と断られてしまう経験をした方もいるようです。
これまで犬から人にウイルスが感染したという報告はありません。また、補助犬たちはユーザーさんによって適切に衛生管理(毎日のブラッシングや定期的なシャンプーなど)をしています。補助犬とコロナウイルスのこと、正しく理解して、いつも通り、安心してユーザーさんと補助犬を受け入れてください。
 そして、コロナ禍だからと言って、ユーザーさんへの特別扱いは必要ありません。
例えば、盲導犬ユーザーさんは特に、レジの列に間隔をあけて並ぶことが難しい方がたくさんいらっしゃいます。そんな時にユーザーさんが希望しているのは、「順番を飛ばして優先的にレジを通してもらうこと」ではなくて「順番が来るまで、少し別の場所で待たせてもらうこと」です。これを「合理的配慮」といいます。
 皆さんがそれぞれに大変な時。ユーザーさんだけに限らず、社会でちょっと困っている人に、お店の人や周りの私たちが少し配慮をするだけで、いろいろな人にとって安心できる社会になっていくのではないでしょうか。
非常事態宣言下でも、ユーザーさんや日常生活に様々な困りごとを抱えた人も、生活のためにスーパーでお買い物をします。ぜひ、すべての方がも不安なくお店を利用できるように、皆さんも周りに目を配り、優しいサポートをしていただけると嬉しいです。


FAQ-0025「緊急時の聴導犬ユーザーさんのサポート方法は?」
 2020年12月21日 掲載

電車に乗っていたら、急に電車が止まってしまいました。アナウンスで、「事故があって、電車が止まりました。次の駅で全員乗り換えてください」と言っています。あなたのそばには、聴導犬ユーザーさんがいます。どうやってアナウンスの内容をユーザーさんに伝えますか?

聴導犬がいるから、サポートは不要?

それとも、手話ができる人を探す?

それとも、スマホにアナウンスの内容を入力して見せる?

ここでの適切な行動は「スマホにアナウンスの内容を入力して見せる」です。

聴導犬は様々な音があることは教えてくれますが、人がしゃべっているアナウンスの内容までは教えることができません…。聴覚に障害のある方は、アナウンスの内容を聴き取れなかったり、そもそもアナウンスがあることに気が付かない場合があります。

 音の情報はなく、急に電車が止まって、次の駅に着いたらみんなが一目散に電車から降りていく…。もし、皆さんがそんな状況に置かれたらどうですか?とてもびっくりしてしまうし、どうしていいかわからないですよね。ぜひ、自分の近くに聴覚障害のある方がいることがわかったら、サポートをお願いします。
 そして、聴覚に障害のある方とコミュニケーションをとるときには、手話ができないとお話しできない!と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、そんなことはありません。スマホや紙のメモ帳などに伝えたい内容を書いて見せればOKです。それらもない時でも、口を大きく開けてはっきりゆっくり話したり、身振り手振りを交えてお話すれば、ちゃんと伝わります。
 また、最近は声でしゃべった内容をリアルタイムで文字に変換してくれる無料のアプリもあります。こういったアプリを事前にダウンロードしておけば、もしもの時も慌てずスマートにサポートできますね!


FAQ-0024「少し高い段差で介助犬ユーザーさんをサポートするには?」
 2020年12月14日 掲載

少し高い段差を前に困っている介助犬ユーザーさんがいたら、あなたはどうしますか?

特に声はかけずに後ろから押して、段差を上がるお手伝いをする?

「後ろから押すお手伝いをしましょうか?」と声をかける?

介助犬がいるのでサポートは必要ないだろうと通り過ぎる?

正しい対応は、「後ろから押すお手伝いをしましょうか?」と声をかけることです。段差を乗り越えたいのは見たらわかるから、わざわざ聞かないで、後ろから押してあげよう!って思う方もいるかもしれません。でも、断りなく急に後ろから車いすを押されるのはとても怖く、場合によっては転倒してしまうこともあるかもしれません…!?

サポートのキモチはとっても嬉しいので、まずはユーザーさん(車いすの方)に声をかけてください。声かけの方法は皆さん、よくご存じ「何かお手伝いしましょうか?」でOKです!

 また、段差が高い場合など、サポートにはちょっとコツが必要な時もあります。そんな時は、ユーザーさん(車いすの方)のお話をよく聞いてください!それでも自信がないときには決して無理をせず、周囲の方にも助けを求めたり、他のルートがないか探してみたりしてくださいね。




FAQ-0023「盲導犬ユーザーさんに危険を知らせるときはどうしたら良い?」
 2020年12月7日 掲載

盲導犬ユーザーさんを含め、視覚に障害のある方にとって、駅ホームは危険がたくさんの場所です。障害物を避けたりしているうちに方向を見誤ってしまうこともあります。線路転落防止にはホームドアが効果的ですが、ホームドアは莫大な費用がかかること等もあり、すべての駅に設置することは現実的ではありません。

視覚に障害のある方が、駅ホームで誤って線路に向かって歩いていたら、

「盲導犬ユーザーさん(または、白杖をお持ちの方)!止まって!」

と大きな声で伝えてください。大切なポイントは「盲導犬ユーザーさん(白杖をお持ちの方)!」と呼びかけの一言をいれることです。視覚に障害のある方は、周囲の様子を目で確認することができないので、「危ない!」と言われても、自分に言われているかどうかわからず、そのまま歩き続けてしまうことがあります。確実にユーザーさんに立ち止まってもらうには、「盲導犬ユーザーさん!」とユーザーさんに話しかけていることがわかるようにしましょう。(これは緊急時だけでなく、通常のコミュニケーションでもぜひ実践してみてください。大勢での会話の時など、視覚に障害のある方もスムーズに会話に加わることができます。)

ちょっとした私たちの見守りの目、助け合いのキモチで少しでも悲しい事故がなくなりますように。

 



FAQ-0022「補助犬に向いているのはオスとメスのどちら?」
 2020年11月30日 掲載

補助犬にはオスとメス、どちらでもなることができます。実は性別は補助犬に向いている、向いていない、に関係ありません。

補助犬にとって大切なのは、「性別」よりも「性格」です。どんな場所でもユーザーさんがいれば落ち着いていられたり、いつでも楽しくお仕事に取り組めたりできる性格の子が補助犬に向いているとされています。当会副理事長木村と理事松本のパートナーたちも、明るくって天真爛漫、いつでもお仕事に全力投球!な性格が補助犬にぴったりなんです。

 



FAQ-0021「補助犬ユーザーになれるのは何歳から?」
 2020年11月20日 掲載

補助犬ユーザーになれる年齢は「18歳以上」と補助犬法で決められています。

補助犬ユーザーとして社会参加するためには、補助犬の日常のお世話はもちろん、衛生管理、行動管理もすべて自分でやらなければなりません。それらを責任をもって適切に遂行できるのが18歳以上ということです。

もちろん、18歳以上ならだれでもユーザーになれるわけでもありません。その方の生活環境や障害の状況(一概に重度だから、軽度だからダメということはありません)などを、訓練事業者さんや医療従事者の方々が総合的に判断します。



FAQ-0020「補助犬と一緒に、畳のある飲食店や旅館を利用できるの?」
 2020年11月14日 掲載

 畳のある飲食店や旅館も、特に条件なく普通の施設と同じように、補助犬を同伴して利用できます。
 施設の方からは「補助犬の爪で畳が傷むのでは…?」とご相談いただくこともあるのですが、心配しなくて大丈夫!です!
 きちんと決められた場所で待機ができる補助犬は、畳の上をむやみやたらに走り回ったりしませんし、定期的に爪切りもしているので、畳を傷つける心配もありません。
 犬用の靴下を履かせたほうが良いのでは?と思われるかもしれませんが、靴下は犬が慣れていないと通常通りに歩行できず、却って畳を傷つけてしまうかもしれません!?
 そして、爪とぎもしません!!爪を研ぐのはネコの習性なんです。補助犬はイタズラで畳をひっかいたりもしないので、安心して受け入れていただけたら嬉しいです。
 そして、もちろん人が靴を脱いで上がる場所には、補助犬も足の裏を拭いてから上がります。これは補助犬が社会参加をする上でとっても大事なマナーです!
 もし、使用者さんがうっかりしていたり、気づいていないようだったら、「補助犬の足を拭いていただけますか?」と一声かけてくださいね。

 



FAQ-0019「レストランなどで、犬アレルギーの方と一緒になったらどうするの? 」
 2020年11月14日 掲載

 レストランなどで、補助犬使用者と犬アレルギーの方と一緒になったときには、双方の席をできるだけ離すなどの配慮をしてください。
 せっかくの楽しい外食なので、みんなが少しずつ譲り合って尊重しあえたらいいですね!
 犬アレルギーの原因は「犬のフケや唾液」とされていますが、基本的に使用者さんが補助犬のシャンプーやブラッシングを定期的に欠かさずしているので、フケについてはほとんど心配いりません。唾液についても、補助犬に直接触れたりせずに一定の距離を保っていれば、大丈夫です!
 しかし、「こういう条件なら確実にアレルギーは発症しない!」とは言い切れないので、まずは「接近させない配慮」がアレルギーのある方と補助犬使用者さんへの最低限の配慮になり、最大のアレルギー予防になります。
 どんな時も、頭ごなしに「ダメ!」というのではなくて、「まずはどうしたら使用者さんも周囲の人も気持ちよく、楽しく施設を利用できるかな?」を考えられる優しい社会になってほしいです!



FAQ-0018「補助犬は、いつどんな風にトイレをしているの?」
 2020年11月8日 掲載

 使用者さんが、その日の予定や補助犬の体調を考慮して排泄させています。
 補助犬=3歳の子ども という例えを良くします。映画館に行ったとき、3歳の子どもと一緒だったら、映画中に我慢しなくていいように、始まる前にトイレに連れていきますよね。補助犬たちもそれと一緒です。もちろん、その日の体調によって映画中にトイレに行きたくなってしまうこともあるかもしれません。そんな時は、使用者さんがしっかり犬からのサインを受け取って、映画の途中でもトイレに連れていきます。
 他にも、暑くてお水をたくさん飲ませた後は、いつもより早めにトイレに連れて行こう!とか、今日はいつも朝しているツー(うんち)をまだしていないから、お昼にも声をかけてみよう!など、、、本当に小さな子どものトイレの管理と似ているかもしれません(小さい子のお母さん、お父さんもいつもお疲れ様です…!)。
 犬たちは決して、「いつもトイレを我慢させられてかわいそう!」なんてことはないんですよ。
 犬の負担にならないように、そして周囲の方にもご迷惑をおかけしないように、使用者さんたちは日々努力されていること、ぜひ知っていていただきたいです。



FAQ-0017「レストランで、補助犬の居場所は?」
 2020年10月31日 掲載

 補助犬がレストランなどの飲食店に同伴するとき、テーブルの下など、使用者さんの足元で待機しています。
 補助犬は、使用者さんの食事中もしっかりおとなしく待つことができます。もちろん、テーブルの上の食事を欲しがったりもしません。
 補助犬は毎日決まった時間にドッグフードをもらっていますし、人間の食べ物を与えないようにして訓練されているので、「テーブルの上は自分とは関係のない食事」と思ってのーんびり待機しています。
 だから、お店の方や周囲の方へのお願いです!
 まずはどうぞ温かい気持ちで受け入れてください。
 補助犬と一緒だからと言って特別扱いは必要ありません。もしも、迷惑な行動があればはっきりと使用者さんに伝えてください。例えば、通路に補助犬のしっぽがはみ出していたりしたら、優しく教えて下さると助かります。
 そして、「本当に補助犬かな?」と思ったら、「補助犬の体についている表示」と、使用者さんが携帯している「認定証」を確認してください。どちらか一方でも欠けていたら、お店の利用はできないと補助犬法で定められています。



FAQ-0016「補助犬の平均寿命はどのくらい?」
 2020年10月30日 掲載

 補助犬の平均寿命は、ペット犬と大体同じ13歳くらいです。(補助犬として最も多く働いている犬種、ラブラドールの場合。)
 「補助犬はお仕事のストレスのせいで、寿命が短い」というのは、完全な都市伝説!きちんとした調査で、補助犬の寿命はペット犬とほとんど変わりがないことが証明されています。当会副理事長の木村佳友も「介助犬の頭数調査 ~頭数推移、代替率、平均寿命~」の調査の中で、介助犬の平均寿命は12.7歳と報告しています(調査の内容は日本身体障害者補助犬学会の学会誌「日本補助犬科学研究第12巻1号」に掲載されています)。
 ユーザーによる毎日の健康チェック、衛生管理や、定期的に獣医師の診察を受けているため、平均寿命よりも長生きする子も多くいます。補助犬たちは、ユーザーさんにたくさん褒めてもらえるお仕事をして、毎日しっかり衛生管理・健康チェックをしてもらってるのが長寿の秘訣かもしれません。



FAQ-0015「なぜ、補助犬はお洋服を着ているの?」
 2020年10月29日 掲載


 補助犬がお洋服を着ている主な理由は、「抜け毛の飛散を防ぐため」です(もちろん、その他の理由でお洋服を着せている場合もあります)。
 補助犬使用者さんたちは、周囲の方に迷惑をかけることがないように日ごろから補助犬たちの衛生管理には気を使っています。定期的なシャンプーやお出かけ前のブラッシングなどで、できる限り抜け毛が飛び散らないようにしているんですよ。
 それでも毛が落ちるのをゼロにすることはできないので、「マナーコート」という洋服を着せる使用者さんもいます。
 また、使用者さんたちは飲食店などの店舗内で犬が「ブルブル」(体を震わせること)しないように気を付けています。ただ、「ブルブル」は犬にとって気分転換の意味もあるので、ただ制止するだけでなく、外など多少毛が落ちても問題がないところまで連れて行って、ちゃーんとブルブルさせてあげていますので、ご心配なく!
 気持ちよく受け入れてもらうために、使用者さんたちも努力してるってことを、ぜひ皆さんに知って頂きたいです。

 



FAQ-0014「補助犬とペットは、どうやって見分けるの?」
 2020年10月28日 掲載


 「身体障害者補助犬法」では、補助犬への表示の義務と、補助犬使用者への認定証(盲導犬ユーザーは使用者証)の携帯を義務付けています。この義務をしっかり果たしているユーザーと補助犬のペアは、公共交通機関やスーパー、レストランなどへ一緒に入ることができます。

 この表示義務、携帯義務は、国で決められた基準を満たしているユーザーと補助犬であることを証明するとても大切なものです。だからもし、ユーザーさんが認定証をお家に忘れてしまったら、補助犬と一緒にお店を利用することはできなくなってしまいます。皆さん、運転免許を持たずに車を運転したりしませんよね?認定証(使用者証)も、それと同じイメージです。

 また、残念ながら、この「補助犬法」を悪用してペットを補助犬と偽って店舗や施設を利用しようとする方もいるようです…。これらの人と区別を明確にするために、補助犬かどうかの確認が必要な場合、事業者はユーザーさんに認定証の提示を求めることができます。補助犬を受け入れる際に「認定証を確認させていただけますか?」と声をかけることは、補助犬使用者に対して失礼にはあたりません。

 



FAQ-0013「災害のとき、補助犬は避難所でどうするの?」
 2020年10月26日 掲載


 避難所でも、補助犬は使用者さんが避難生活する場所に一緒にいます。
 非常時だからこそ、周囲の皆さんの理解が使用者さんや補助犬の安心につながります。ぜひ、覚えておいてください。
 環境省が作成している「人とペットの災害対策ガイドライン」のコラム欄で、「補助犬の避難所同伴避難」について紹介されています。
 ここでは、補助犬は「ペット」とは異なり、避難所においても「身体障害者補助犬法」に基づいた対応が求められる、と書かれています。
 つまり、【原則として「使用者」と「補助犬」を分離せず受け入れるべき】ということなんです。
 もちろん、避難所には様々な事情を抱えた方が集まります。アレルギーがある方、犬が苦手な方など…。そういった場合には、できる限り生活圏内を離したり、別室を用意するなどの対応で解決することができます。
 これらのことは、実際に避難所が開設されたときに慌てないためにも、事前に対応を考えておくとスムーズですね!今はコロナウイルスの影響で難しい部分もありますが、平時の「避難訓練」もとっても大切です!

 皆さんに覚えておいてほしいのは、
 ◎ペットは基本的に「同行避難」=一緒に避難所まで行けるが、人と生活する場所は離れる。
 ◎補助犬は「同伴避難」=避難所内でも使用者さんと一緒にいる。
です。

 もし、避難所に行ったときに、困っている使用者さんがいたら、ぜひ声をかけてサポートしていただけると嬉しいです。



サイト内検索

カテゴリー検索

リンク

補助犬に関するFAQです

 

啓発資料 DVD・グッズをご活用ください

 

書籍・マニュアル

 

チャリティストア

 

心のバリアフリー教材