特定非営利活動法人 日本補助犬情報センター|身体障害者補助犬に関する情報提供、相談業務を行う学術団体です。

ホーム > よくあるご質問 > 0018「補助犬は、いつどんな風にトイレをしているの?」

0018「補助犬は、いつどんな風にトイレをしているの?」

 使用者さんが、その日の予定や補助犬の体調を考慮して排泄させています。
 補助犬=3歳の子ども という例えを良くします。映画館に行ったとき、3歳の子どもと一緒だったら、映画中に我慢しなくていいように、始まる前にトイレに連れていきますよね。補助犬たちもそれと一緒です。もちろん、その日の体調によって映画中にトイレに行きたくなってしまうこともあるかもしれません。そんな時は、使用者さんがしっかり犬からのサインを受け取って、映画の途中でもトイレに連れていきます。
 他にも、暑くてお水をたくさん飲ませた後は、いつもより早めにトイレに連れて行こう!とか、今日はいつも朝しているツー(うんち)をまだしていないから、お昼にも声をかけてみよう!など、、、本当に小さな子どものトイレの管理と似ているかもしれません(小さい子のお母さん、お父さんもいつもお疲れ様です…!)。
 犬たちは決して、「いつもトイレを我慢させられてかわいそう!」なんてことはないんですよ。
 犬の負担にならないように、そして周囲の方にもご迷惑をおかけしないように、使用者さんたちは日々努力されていること、ぜひ知っていていただきたいです。